神社の歴史起源のご説明に関して

 当神社の起源は諸説あり、現在記録上判明しているものは約900年前あたりからで、それ以前の創建年代などがはっきりと記録されたものが残っておりません。 それ以前に関しましては事実を確認する方法がないため、当神社としましても平安後期ごろから判明している限りで説明させて頂くこととしております。 しかしながら、郷土史家はじめ研究者の方々の調査等によりおおよそ類推される起源御由緒がありますので、ここではその歴史を紹介いたします。

歴史・御由緒 1 ~ 神社の起源

 当神社がある地域はその昔八戸村柏崎と呼ばれており、各地方に産土信仰が生まれ始めた頃、柏崎の産土神としてこの地域の人々に祀られるようになりました。 これが法霊山龗神社のはじまりと言われております。
 その後大和朝廷の蝦夷征討により中央の文化が伝わってくるとともに、地域の産土信仰が神道の信仰と結びついていきます。 これは類推するに約1,200年程度前の出来事と考えられておりますので、柏崎村の産土信仰が誕生したのはこれより以前という事になりますが、はっきりした年代を示すものは存在しておりません。

歴史・御由緒 2 ~ 農業発展と堤の守護神の合祀

 稲作は日本人の食生活の中心を担ってきましたが、当然ながらその稲作技術は時代とともに技術発展を遂げ、畿内や四国近隣では、古くは飛鳥時代頃より溜池や堤などをつくり、農業用水の確保を行うようになりました。 北東北の地でも稲作は行われていましたが、寒冷な気候に弱い稲作はなかなか発展せず、堤などが築かれるようになったのは平安中期頃だそうです。

 八戸地方でもその頃から堤が多数築かれるようになり、柏崎地域には柏崎堤が造られました。 その堤を御守り頂く守護神をが必要という事で、地域の守護神である産土神のいる場所に堤の守護神を御祀りするのが妥当という事で、そのための社が築かれたそうです。 この頃すでに中央文化によってもたらされていた神道という概念に影響され、この社は「三崎社」という神社となって祀られていくようになったそうです。 この三崎社は堤のほとりに鎮座していたそうで、現在の内丸3丁目から柏崎方面に存在していたようです。

歴史・御由緒 3 ~ 修験者「法霊」の御霊を合祀

 鎌倉時代初期のとある頃、八戸地方では日照り続きで農作物に深刻な被害が出ていました。 この頃、熊野などで修業を積んだ「法霊」という高い徳を持った霊験あらたかな修験者が、様々な土地で教えを説きながら東北の地に戻ってきていました。 この法霊は、鎌倉幕府誕生の頃の功により源頼朝より北東北の所領を与えられた工藤祐経の一族である工藤祐道の末裔で、その先祖代々の土地に戻って来たことになります。

 八戸村に入った法霊は雨乞い祈祷に優れた山伏であったため、不作に疲弊する人々に乞われて雨乞いの祈祷をすることになり、寝食を忘れ必死に御祈祷を執り行いましたが、その甲斐むなしく雨を降らせることが出来ませんでした。

 人々の落胆ぶりに心を痛めた法霊は、その命を捧げるので雨を降らせてほしいと願い、三崎社内にあった池に身投げをするという行為に及びました。 すると、投身した池から法霊が龍に化身してたちまち天に登り、にわかに空に暗雲が立ち込め、恵の雨を降らせたという伝説が伝わっています。

 この御神徳に涙し、心より感謝した人々は、法霊の御霊を三崎社に合祀して「法霊社」という神社としてお祀りすることとなりました。


歴史・御由緒 4 ~ 南部藩誕生から八戸藩へ

 江戸時代になり、盛岡城を政庁とする南部藩が誕生しました。 南部藩は現在の岩手県から青森県の太平洋側一帯の地域を与えられ、各地に支城などが築かれていきました。 八戸にも八戸城が築かれ、法霊社はその館神として八戸城本丸に遷座されることとなりました。

 その後、南部藩は跡目問題解決の為、幕府からの命で盛岡藩8万石と八戸藩2万石へ分割されることとなりました。 これに伴い元々八戸城の館神だった法霊社は八戸藩の藩神としてお祀りすることとなり、八戸城二の丸に遷座されました。
 遷座の際、藩は法霊社の規模拡張を行い、八戸藩御領内総鎮守社と定めて、大名家南部氏の祈願所とする事になりました。

歴史・御由緒 5 ~ 神仏分離令以降から現在へ

 明治になり神仏分離令が発令されると、神仏習合の影響から山伏系の流れを持つ神社は仏を廃して神社となる選択を迫られました。 それに伴い法霊社も高龗神を主祭神として法霊山龗神社と改称され、廃仏毀釈の難を逃れて現在に至ります。 とくに山間部でもない平坦な都市部に位置しながら法霊山となっているのが山伏系の名残です。

 今でも雨の神・豊作の神、そして地域の産土神・守護神として皆様より篤く御崇敬頂いております。 また現在では、農業の豊作を経済活動の豊作である商売繁盛と結びつけて御崇敬される方々や、元々八戸藩領だった地域の方々からは、御領内総鎮守神として建築などの際に地の神々を鎮める御祈祷をお受けしたりなど、様々な形で皆様にお護り頂いております。
八戸三社大祭で自由に参加できる龗神社の祭事一覧

義経北行伝説

義経正室のものとされる銅鏡
当神社は、源義経が平泉で自害せずに北へ向かったという義経北行伝説ゆかりの場所です。
鳥居の建つ場所は義経正妻の京久我大臣姫が自害した場所と伝わっており、手鏡が所蔵されています。
また、江戸期にこの地方に伝わる義経北行に関する口伝を書き留めた「類家稲荷大明神縁起」という古文書が本殿より発見され、現在市立図書館にて保管されています。

今月来月の暦

2017年9月の暦
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月の暦
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031